消費者金融の借入の利用限度額について

消費者金融借入額というのは総量規制という法律により上限が定められています。それが年収の3分の1までに融資しかできないという設定です。これは1社あたりの数字というわけではなく、総額の話です。ですから例えば年収300万円の人がA社から50万円、B社から30万円の借入を行っている場合は、仮にC社の審査が通ったとしても借入できる金額は10万円まで、が利用限度額となります。年収が300万円だと、その3分の1が90万になるので、既にA社から50万円、B社から30万円を借りているこの状態だと、法的に10万円までしか貸し出せないことになっています。

これは大手消費者金融会社だとか、中堅の消費者金融会社だとか、そういったことは関係ありません。貸金業者としての届け出を出している企業は必ず守らなければならない法律です。よく中堅消費者金融だと「審査が通りやすい。大手で断られても中堅会社なら。」というキーワードを耳にしますが、これは過去に支払事故があったり、任意整理を行っているような人でも、まだ審査に通る可能性があるというようなケースであり、中堅会社だからといって、総量規制を無視してキャッシング審査をしてくれるということは絶対にありません。

しかしこの総量規制に消費者金融借入は該当しますが、銀行のカードローンは該当しません。つまり消費者金融借入で既に年収の3分の1に達している状態であったとしても、銀行系のローンに申し込むと、更に融資をしてくれる可能性があります。

オリックス銀行カードローンの審査で電話がかかってきたときの体験談

お金がなくてとても困っていました。そんなときに、オリックス銀行のカードローンがいいと友人が教えてくれたので、そこに申し込みをすることに決めました。審査はおそらく通るだろうと思っていたのですが、一番私が恐れていたのは、会社に電話がかかってくる在籍確認です。ここで、上司とか同僚にばれるのではないかとひやひやしていました。

オリックス銀行カードローン審査を申し込みしたときに、会社への在籍確認は避けて通ることができないのでとても緊張していました。でもどうしてもお金が必要だったので、申し込まないという選択肢はありませんでした。

実際に会社に在籍確認の電話がかかってきたときには、非通知でかけてきてくれてとても安心しました。さらに、会社名を名乗ることなく、担当スタッフが個人の名前でかけてきてくれました。私は営業の仕事をしていて、いろいろな人との関わりがあるので、個人から電話がかかってくることは頻繁にあります。そのため、個人からかかってきても誰もなんとも思わなかったようです。

無事に審査が終わり、お金を借りることができました。お金を借りることができたので、ピンチから抜け出すことができました。審査に通って本当に良かったなと思っています。

オリックス銀行のカードローンは評判がよかったので安心して申し込みをすることができました。会社にも絶対にばれないようにかけてきてくれるのでとても助かりました。ピンチを抜け出すことができました。

利用してみたくなるアコムの口コミ情報

アコムの便利さを体験した方の口コミを見てみましょう。利用してみたいと感じることがたくさんありますよ。

「アコムに決めたのは、審査時間が最短30分というところです。急いでお金を準備したかったので、ここしかないと思いました。実際にネットで申し込みをして本当に30分で返事をもらったので、驚き半分嬉しさ半分でホッとしました。」(30代男性)

「すぐに借り入れできる方法をアドバイスしてもらえたので助かりました。店舗の営業時間には行けないですし、むじんくんの営業時間もちょっとぎりぎり、休みは寝ていたいというわがままですが、ネットでの申し込みにしました。契約の後すぐに振込みキャッシングができると聞いて、手続きをしたらすぐに振り込んでもらえました。」(40代 男性)

「無利息サービスがアコムにもあると聞いたので、アコムにしました。できるだけ利息を減らす方法があるのなら、それがいいですもんね。消費者金融の店舗に行くのがちょっと心配だったのですが、アコムなら全部ネットでできると聞いたので決め手になりました。あっという間に借りられたので、ホッとしました。」(30代女性)

「急に卒業旅行先が海外になりました。友達みんな行かない、国内かどこかでと言っていたのですが話が二転三転してせっかくだからと海外にしたのです。でもバイトでバタバタしていて、クレジットカードを持っていた方がいいと気づいたときには出発直前でした。アコムマスターカードなら即日発行できるということでむじんくんに飛び込みました。」(20代 男性)